旅行者必見!「ベトナム在住者が教えるベトナム旅行に行く前に」Vietnamホーチミンの歩き方

在住者の目から見たベトナム旅行前に準備するものを事細かく記載しました。 旅の持ち物や基礎知識、注意事項から旅行者の知らない情報まで。 現地在住者だからこそ出来るアドバイスを惜しみなく提供致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムで長距離移動【寝台列車、寝台バスどっちがお好み?】

先日、ホーチミンからニャチャンへの旅行してきました。
なかなか旅行に行く暇がなかったので、久しぶりにリラックスすることができました。

さてさて、今回、行きは寝台列車、帰りは寝台バスに乗って帰ってきたので旅の参考になればと思い記事をアップしました。


寝台列車

地球の歩き方に書いてあった5スターエクスプレスでいこうと思っていたのですが、
この電車はもう走ってないようです。(赤字のため??)
しかたなく、通常の列車の寝台シートでいくことにしました。

寝台シートには、ソフトベットとハードベットがあり、ハードだと若干安くなります。どのくらい
硬いのかちょっと気になりますが。。

 ・ソフトベット値段(ホーチミン~ニャチャン間) :36万ドン (約20㌦)
 ・所要時間 約6時間

エジプトで乗った寝台列車は快適で、今回もそのイメージだったんですが、ちょっとがっかり。。

そんなに綺麗ではなく、結構揺れます。 
一つの部屋にベットが4つあり、大きさはシングルベットをちょっと狭くしたような感じです。

しかし、寝てたら勝手に着くし、やっぱり寝台電車は便利ですね。

社内の様子、写真撮り損ねちゃいました。ごめんなさい!!
電車


寝台バス

ニャチャン→ホーチミン間は寝台バスに乗ってみました。
今回の場合、所要時間は約9時間でしたが、
道路の交通状況などにより変動します。

・値段      16万ドン(約9㌦) 
・所要時間   約9時間 

眠りながらの移動なので、時間は気になりませんが、若干狭いのが気になってしまいました。 大型バスに約40シートのベットを詰めているだけあって、バス内に無駄なスペースがありません。 乗車の際は、極力小さなバックだけ持って乗車することをオススメします。(大きい荷物はバスの荷台へ)

シートの眠り心地も悪くはありません。スーパー銭湯の仮眠室にあるベットのような感じで、大きさはその3分の2といったところでしょうか。

4時間くらい走ったところでトイレ休憩が20分ぐらいありました。(社内にもトイレ有り)
しかし、そのパーキングのトイレにはトイレットペーパーは当然のように置いてなく、売店でも売ってません! バスの移動時はトイレットペーパー持って言ったほうが良いです!!

寝台バス



このように寝台列車、バス、共に使ってみたのですがどちらも満足でした。
個人的には、寝台列車の方が自分のスペースがあるから快適だったかなーと思います。

ベトナム旅行の際には、寝台(バスor列車)を使ってみてはいかがでしょうか?
ホテル代も時間も浮きますよw


------------------------------------------------------
ホーチミンで今話題の旅行者と現地在住者の情報交換の場
日本語を話せる現地人と交流するなら
■日越交流クラブ [東京カフェ] 
http://nichietukouryuu.web.fc2.com/


語学を学んでいる学生にそのガイドや通訳を気楽に格安でお願いできるのがマイスポットガイド(MySpotGuide)です。プロでないのでそんなに
上手に話せませんが,きっとあなたの楽しい旅先のパートナーになってくれるはずです!

マイスポットガイド  -アマチュア通訳ガイドの紹介サイト-
http://www.myspotguide.com/

------------------------------------------------------
只今、ランキングエントリー中
ベトナムブログが盛りだくさん★
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vietnamhochiminh.blog68.fc2.com/tb.php/32-e4dd2a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

アクセス解析太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。