旅行者必見!「ベトナム在住者が教えるベトナム旅行に行く前に」Vietnamホーチミンの歩き方

在住者の目から見たベトナム旅行前に準備するものを事細かく記載しました。 旅の持ち物や基礎知識、注意事項から旅行者の知らない情報まで。 現地在住者だからこそ出来るアドバイスを惜しみなく提供致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの気候

ベトナムはハノイからホーチミンまで南北に長く、気候も北部・中部・南部で異なる。

■北部
北部は亜熱帯性気候で、日本と同じように四季がある。11月から2月は気温が20度以下に下がることもあり、長袖や厚手のジャンバーが必要になることもある。湿気が多いので、肌寒く感じることがある。

■中部
 雨季は9月から12月ぐらいまで。
1月から3月までは長袖が必要になるぐらい気温が低い日も多い。7月、8月は日中は日差しが強いので、観光時には、日傘や帽子、サングラス、汗拭き用タオルなどが必要である。
雨季の間は台風の影響で大雨が続くこともある。

■南部
雨季は4月から10月ぐらいで、乾季は11月から3月ぐらい。
雨季は夕方ごろになると毎日スコールがあり、激しい時には低いところに水が流れ込み、ひざ丈ぐらいまで水没する道路も多い。
時間的に夕方のラッシュにスコールが降ることがあり、こうなるとバイクの渋滞と水没で街は大混乱となる。
乾季は全く雨が降らず比較的過ごしやすい。
一年で一番暑い時期は3,4月ごろ。
一年を通じて日中は日差しが強いので観光時には、日傘や帽子、サングラス、汗拭き用タオルなどが必要である。

服装は一年を通じて日本の夏服で問題ないが乾季の1月から3月は朝晩が肌寒いときがあるので、薄手の長袖を用意しておくとよい。

スポンサーサイト

テーマ:ベトナム旅行 - ジャンル:旅行

FC2Ad

アクセス解析太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。